IBM SPSS Statistics 25
収集したアンケートや臨床・社会調査などの統計データを分析する

プライバシーマーク

推奨パック

推奨パック – SPSS Statistics

人気オプションの組合せによる推奨パック

Package License

SPSSソフトウェアの人気オプションの組合せによる推奨パックです。特に医療・看護分野でよく使用される構成ですが、社会調査などのアンケート分析、企業における顧客データの分析など幅広い分野でもご活用いただける組み合わせです。お値引き後の価格につきましてはお気軽にお見積りをお問合せください。

■ 推奨パックA
概要 主要な統計手法を含んだ推奨構成です。IBM SPSS Statistics Base を基本として、重要な2オプションを加えました。
内容

IBM SPSS Statisticsの基本機能 / 要約統計量 / クロス集計表 / 相関係数 / 平均値の比較 / 回帰分析 / 因子分析 / 主成分分析 / 1元配置分散分析 / 多重比較法 / ノンパラメトリック検定 / ROC曲線 / グラフ作成と編集 / データ加工 / ロジスティック回帰分析 / 反復測定分散分析 / カプラン・マイヤー / Cox回帰分析(比例ハザードモデル) / 混合モデル / その他

備考
  • 買取ライセンス(初年度12か月間の保守サービス付属)
  • 保守サービス失効後もソフトウェアは継続してご使用いただけます
  • お奨めのテキストブック2冊が付属します
  • ダウンロード版およびDVD版で提供されます
■ 推奨パックB
概要 主要な統計手法に便利な機能を追加した推奨構成です。IBM SPSS Statistics Base を基本として、便利な4オプションを加えました。
内容

IBM SPSS Statisticsの基本機能 / 要約統計量 / クロス集計表 / 相関係数 / 平均値の比較 / 回帰分析 / 因子分析 / 主成分分析 / 1元配置分散分析 / 多重比較法 / ノンパラメトリック検定 / ROC曲線 / グラフ作成と編集 / データ加工 / ロジスティック回帰分析 / 反復測定分散分析 / カプラン・マイヤー / Cox回帰分析(比例ハザードモデル) / 混合モデル / 多重クロス集計表 / カスタムテーブル / 正確確率検定 / その他

備考
  • 買取ライセンス(初年度12か月間の保守サービス付属)
  • 保守サービス失効後もソフトウェアは継続してご使用いただけます
  • お奨めのテキストブック2冊が付属します
  • ダウンロード版およびDVD版で提供されます

■ よくあるお問合せ

Custom Tablesオプションはどういう場合に必要になりますか?

単純な集計表ではなく、多くの変数を組み合わせたり階層構造にするような、より複雑な集計表や多重クロス集計表などを作成する場合に使用されます。出力するラベルをあらかじめ設定したり(例:「平均値」ではなく「mean」、「標準偏差」ではなく「SD」と表示させるなど)、レイアウトの指定を行ったりすることができ、表作成の手間や時間を省きたい場合に便利です。また、多重回答(マルチアンサー)項目を集計表に含めることができ、アンケート調査結果の集計を行う際によく利用されています。

■ IBM SPSS Statisticsによる統計解析【入門編C】カスタムテーブルによる集計
http://www.stats-guild.com/spss-e-learning/textbook

Exact Testsオプションはどういう場合に必要になりますか?

小サンプルでの検定機能が追加され、例えば、2×2よりも大きいクロス集計表におけるFisherの正確確率検定の適用が可能になります(2×2クロス集計表の場合はBaseのみで実行可能)。n数が比較的小さいデータを扱う場合にはあると便利なオプションです。

■ IBM SPSS Statisticsによる統計解析【初級編A】クロス集計表と平均値の検定
http://www.stats-guild.com/spss-e-learning/textbook

Advanced Statisticsのオプションでは何ができますか?

反復測定の分散分析や生存分析 (Kaplan-Meier、Proportional Hazard Modelなど)、混合モデルなどの分析手法を利用することができます。また、ポアソン分布やロジットなどのリンク関数を指定する一般化線型モデルの機能もAdvanced Statisticsのオプションで提供されております。

PSマッチングはどのオプションが必要でしょうか?

傾向スコアマッチング(Propensity Score Matching)は、SPSS Statistics 22.0 からGUIで実行できるようになっています。傾向スコアの推定に用いられるロジスティック回帰分析および傾向スコアによるマッチングを行うには、基本ソフトの「Base」に加え「Regression」オプションのライセンスが必要です。

SPSS Statisticsにおける傾向スコアマッチングの実行方法
http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg21693921

PAGE TOP ↑