SPSS Statistics Version25

Stats25-banr3

■新しい統計機能の搭載と機能拡張による分析機能の強化

・Advanced Statisticsでの機能の追加と拡張
  -一般化線形混合モデル
   経験最良線形不偏予測量の追加(経験ベイズ推定)
   時系列データの共変量設定が可能
  -一般線形モデル
   プロファイルプロットにエラーバー表示
   不均一分散性検定を追加(ホワイトテストなど)
   ロバスト標準誤差の利用
   Levene検定の刷新
  -ベイズ統計のサポート
   二項検定
   ポワソン検定
   1サンプルのt検定
   対応のあるデータのt検定
   独立サンプルのt検定
   相関分析
   回帰分析
   分散分析
   対数線形モデル

■Microsoft Office との統合の強化

Microsoft グラフィックオブジェクト

  -Microsoft グラフィックオブジェクトとして利用
  -図表ビルダーのグラフをMicrosoft グラフィックオブジェクトとしてコピー
  -Microsoft Office製品の中で色の変更やテキスト修正などの編集

■生産性の向上による時間と労力の節約

図表ビルダーとシンタックス

・図表ビルダー の機能拡張
  -デフォルトテンプレートの刷新
  -色やテンプレート変更を図表ビルダー内で実施
  -ビルダー内プレビューをより正確に表示
  -StatisticsグラフをMicrosoft GraphとしてMS Word、Excel、PowerPointへペースト
・データエディタのコピー/ペースト機能の強化
  -変数名/変数ラベルを含めてデータをコピー/ペースト可能
・シンタックスエディタ-機能強化
  -ショートカットキー
  -列編集モード
  -スペース削除
・ユーザーインターフェイス強化
 -変数ダイアログの刷新
・ツールバー機能の強化
  -ツールバーボタンを簡素化
  -アクティブウィンドウへの切り替えボタン
  -ツールバーのカスタマイズボタン
・Stata 14 対応
・視覚障害のあるユーザーのためのアクセシビリティ強化
・セキュリティ強化
  -OpenSSL ならびにGSKit対応

IBM SPSS Amos v25 新機能

・条件付き独立性分析の搭載
・R形式ファイル(*.rds *.RData ファイル)の読み込
・「ファイル (File)」>「エクスプローラー (File Explorer)」から現在のファイルパスを示す機能の追加
・「表示 (View)」>「データ・セット内の変数 (Variables in Dataset)」から各変数に関する追加情報を表示
・IBM SPSS Statistics データファイル (.sav)をView Dataウィンドウでプレビュー
   (Statisticsがインストールされている必要はありません)

PAGE TOP ↑