E-Learningサービス
オンラインコース(動画+テキストブック)

IBM SPSS Statistics【初級編D】

IBM SPSS Statisticsによる統計解析

【初級編D】決定木分析

【初級編D】決定木分析

従属変数と関連の強い独立変数によってデータセットを次々に分割することで、要因分析を行ったり、予測分析を行ったりすることができる多変量解析の手法の決定木分析について、分析手法の概要とIBM SPSS Statisticsを用いた分析手順と分析結果の読み方の習得を目標とします。

テキストブック目次
コースの形式 オンライン(動画+テキストブック)
受講価格(円) 18,000(税別)
受講期間 60日間
学習時間の目安 6時間
コースの目的
    決定木分析の概要や用途を理解する
    CHAIDとCRTによる決定木分析(分類ツリー/回帰ツリー)の方法を習得する
    不均衡データの問題や対応について理解する
対象
    IBM SPSS Statisticsによる決定木分析を学びたい方
受講前提
    ブラウザを利用してインターネットの閲覧ができること
    PCの基本的な操作方法を理解していること
    カイ2乗検定やF検定などの仮説検定の読み方を理解していること
難易度 ★★★☆☆
コース内容
  • Chapter1 決定木分析の概要
  • Chapter2 CHAIDによる決定木分析-分類ツリー
  • Chapter3 CHAIDによる決定木分析-回帰ツリー
  • Chapter4 CRTによる決定木分析-分類ツリー
  • Chapter5 CRTによる決定木分析-回帰ツリー
  • Chapter6 決定木分析の応用

Keyword:
IBM SPSS Statistics / 決定木分析 / 従属変数 / 独立変数 / CHAID / CRT / カイ2乗検定 / ボンフェローニ補正 / 不純度 / モデルの検証 / 測定の尺度 / 分類ツリー / 回帰ツリー / ツリー図 / 分類ルール / 予測ルール / 決定係数 / 不均衡データ / バランス調整 / シンタックス / ノード / ゲイン / インデックス /

コースコード
    ES2702D
バージョン
    IBM SPSS Statistics 27.0.1
備考
    本コースはIBM SPSS Statistics 19~27で応用可能です
    テキストブックと配送料はご利用価格に含まれております
    IBM SPSS Statisticsがインストールされていない環境でも利用可能です
    推奨環境はこちらをご確認ください



up

PAGE TOP ↑