IBM SPSS Statistics【初級編A】

【初級編A】クロス集計表と平均値の検定

2つの質的変数(カテゴリ)を用いて関係性を調べるクロス集計表とその有意差検定であるカイ2乗検定、2つのグループの平均値を比較するt検定・ウェルチ検定の概要とIBM SPSS Statisticsによる分析手順および分析結果の解釈方法の習得を目標とします。マンホイットニーのU検定やウィルコクソン符号付順位検定などのノンパラメトリック検定にも対応しています。また、バージョン27より対応した効果量の出力と解釈も含まれます。

テキストブック目次
コースの形式 オンライン(動画+テキストブック)
受講価格 18,000円(税込価格 19,800円)
受講期間 60日間
学習時間の目安 6時間
コースの目的
    IBM SPSS Statisticsの基本的な使用方法を理解する
    IBM SPSS Statisticsによるクロス集計表の分析を理解する
    IBM SPSS Statisticsによる2グループの平均値の比較を理解する
対象
    クロス集計表やカイ2乗検定の使用方法を学びたい方
    平均値の比較やt検定・ウェルチ検定の使用方法を学びたい方
受講前提
    ブラウザを利用してインターネットの閲覧ができること
    PCの基本的な操作方法を理解していること
難易度 ★★★☆☆
コース内容
  • Chapter1 クロス集計表と独立性の検定
  • Chapter2 独立したサンプルのt検定
  • Chapter3 対応のあるサンプルのt検定
  • AppendixA ノンパラメトリック検定 -過去のダイアログ-
  • AppendixB データの再構成

Keyword:
クロス集計表 / 分割表 / 仮説検定 / Pearsonのカイ2乗検定 / Fisherの正確確率検定 / 漸近有意確率 / 正確有意確率 / 観測度数 / 期待度数 / 残差 / 調整済標準化残差 ファイ係数 / クラメールのV / オッズとオッズ比 / t検定 / 独立サンプル / 対応サンプル / 正規性 / 等分散性 / パラメトリック / ノンパラメトリック / ウェルチ検定 / 効果量 / コーエンのd / マン-ホイットニー検定 / 信頼区間 / エラーバー / 棒グラフ / 箱ひげ図 / ウィルコクソン符号付順位検定 / 縦持ち形式 / 横持ち形式 / 再構成 /

コースコード
    ES2702A
バージョン
    IBM SPSS Statistics 27.0.1
備考
    本コースはIBM SPSS Statistics 19~28で応用可能です
    テキストブックと配送料はご利用価格に含まれております
    IBM SPSS Statisticsがインストールされていない環境でも利用可能です
    推奨環境はこちらをご確認ください



up

コースを申込む
見積を依頼する

PAGE TOP ↑