分析支援サービス
IBM SPSSを利用したデータ分析、情報活用支援

プライバシーマーク

ジャーナルファイルの使用 / Statistics

公開日:  最終更新日:2018/08/17   SPSS TIPS Statistics 
IBM SPSS Statisticsは、比較的簡単な操作性を持つ統計解析パッケージであり、データの読込やデータ加工、基本的な分析や多変量解析などをGUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェイス)を使用して実行することができます。したがって、データ加工や分析にあたって、複雑なコマンドやスクリプトを入力する必要がありません。しかし、画面上では簡単に見える処理も、実際はバックグラウンドでシンタックスと呼ばれるコマンドに変換されて実行されています。

GUIの操作で自動生成されるシンタックスは、各ダイアログボックスの「貼り付け」ボタンを利用すると、シンタックスエディタに取り出すことができます。

シンタックスは、シンタックス・エディタを利用して、編集や実行を行うことができます。

また、セッションジャーナルを使用すると、セッションで実行されるコマンドを自動的に記録することができます。ジャーナルファイルには、シンタックスとして実行したコマンド、ダイアログ・ボックスによって生成されたコマンドが含まれます。ジャーナル・ファイルを編集し、他のセッションでそのコマンドを再度使用することもできます。ジャーナル記録はオン、オフすることができ、ジャーナル・ファイルに追加または上書きしたり、ジャーナル・ファイルの名前と場所を選択することもできます。

ジャーナルファイルは、SPSS Statisticsのログファイル(履歴)として用いることもできますし、シンタックスファイルを作成する場合に、1つ1つのダイアログボックスで「貼り付け」ボタンを利用する手間を省くためにも用いることができます。

セッションジャーナルの保存場所や記録の有無は、オプション画面で設定することができます。セッションジャーナルを設定するための手順は以下の通りです。

(1)「編集」メニューの「オプション」を選択します。
(2)「ファイルの場所」タブを開きます。
(3)「ジャーナルにシンタックスを記録」オプション(デフォルトで有効)を選択します。
(4)「追加」または「上書き」ラジオボタン(デフォルトは追加)を選択します。
(5)「ジャーナルファイルの場所」として保存先フォルダとファイル名を指定します。
(6)「OK」ボタンをクリックしてオプションを閉じます。

※セッションジャーナルを利用するために特別なオプションライセンスは必要ありません。
※シンタックスの詳細は、インストールメディアに含まれるIBM SPSS Statistics Command Syntax Reference.pdf(英語)に記載がございます。

目的や使い方、用途に応じて、IBM SPSS製品を有効にご活用いただき、課題解決・価値創造にお役立てください。

■ E-Learningコース
SPSSによる統計解析を学習するための ハンズオン形式のE-Learningコース(Textbook付属)
http://www.stats-guild.com/spss-e-learning-textbook

■ SPSS講習会 SPSS Learning Room(E-Learning+講習会+QA)
E-Learningと集合タイプ講義をブレンドしたスタイルの講習会
https://www.stats-guild.com/spss-learning-room

■ IBM SPSS Statistics Base
IBM SPSS Statisticsによるデータ入力、読込み、データ加工、基本統計量の出力、推測統計(仮説検定・信頼区間)、回帰分析、因子分析、クラスター分析、分散分析、グラフ作成、外部ファイルへのエクスポート、拡張機能などを有する基本モジュール
http://www.stats-guild.com/ibm-spss

PAGE TOP ↑