E-Learningサービス
テキストブックとeラーニングによる自習型教材

プライバシーマーク

SPSS E-Learningコース一覧

SPSS E-Learning コース一覧

解説動画と演習によるハンズオンで学ぶSPSS自習コース

E-Learning Course List

自分のスケジュールやペースで学習できるE-Learningコースです。解説教材(Demo)と演習教材(Simulation)によって、効率的なSPSSの使用方法を学習・習得を図ることができます。受講期間内であれば何度でも受講することができ、多忙や遠方にお住まいで講習会やセミナーに参加する時間の取れない皆さまに好評です。また、教室で講義を受けて講師に質問するスタイルをご希望の場合は、教室で実施するトレーニングコース(SPSS Learning Room)もお奨めです。

E-Learning コース

IBM SPSS Statisticsによるデータ処理の基本的な機能や統計解析の実行手順および結果の解釈のポイントを学習できるE-LearningとTextbookを併用したコースです。医療・看護、アンケート調査、社会調査データ、ビジネスデータの分析など多くの分野に対応する汎用的な内容を含みます。E-Learningに対応したTextbookとの併用でより学習しやすい構成になっています。

E-Learning001

IBM SPSS Statisticsによる統計解析 利用期間 学習時間 価格(税別)
【入門編A】データの読込みと1変量の要約 60日間 4時間 18,000
【入門編B】データの加工と前処理 60日間 4時間 18,000
【初級編A】クロス集計表と平均値の検定 60日間 6時間 18,000
【初級編B】回帰分析とロジスティック回帰分析 60日間 6時間 18,000
【初級編C】分散分析と多重比較法 60日間 6時間 18,000
【入門編AB】入門パック 90日間 10時間 32,000
【初級編ABC】初級パック 120日間 20時間 46,000
【入門編AB】【初級編ABC】5コースパック 180日間 30時間 72,000



■ ご利用者の声
・市販の本より、SPSSの機能と操作に関した内容が網羅されて掲載されており操作しやすいです。
・手順がしっかりガイドされ、実際の操作も試せて分かりやすく、画期的なコンテンツだと思います。
・時間の拘束が短いのも良いと思います。
・SPSSをはじめて利用される方にはとても良いのではないでしょうか。
・SPSSについてここまで網羅したものはないので、できれば他の分野もやって欲しい。
・もし可能であればAmosもお願いしたいです。非常に理解できた。
・pointが毎回表示されているのが要点がわかりやすくよかった。
・実際に自分でシミュレーションができることで、手順の理解が深まりやすかった。
・ポイントとして重要な知識が分かり易く説明されていたのが良かった。


ご受講の進め方

E-Learningコースは、SPSSによる分析手順やPOINTおよびTIPSを動画と音声で解説した【Demo】と、Webブラウザ上でSPSSの操作を確認する演習のための【Simulation】の2つのコンテンツで構成されています。これら2つのコンテンツは、付属のテキストブックに詳細な記載がありますので、テキストブックをベースに、まず【Demo】コンテンツで分析の手順や方法、結果の解釈について学習いただき、【Simulation】コンテンツで操作を確認する学習方法をお奨めします。各コンテンツの受講順序に制約はありませんので、【Simulation】コンテンツでまず操作を試して、後から【Demo】コンテンツの解説を見るやり方でも自由です。

サンプルコース

E-Learningコースの体験を希望される方は、以下のサンプルコースにアクセスしてご確認ください。コース内容を一部抜粋した無料サンプルコースをご用意しました。サンプルコースは有料コースと同じ環境でご受講いただけるようになっておりますので、お申込み前の動作確認にもご利用いただけます。

PAGE TOP ↑