IBM SPSS Statistics 25
収集したアンケートや臨床・社会調査などの統計データを分析する

プライバシーマーク

SPSSソフトウェアご購入の流れ

SPSSソフトウェアご購入の流れ

SPSSソフトウェアのご購入の手順をご案内します。

1.お見積りの取得

Webフォームよりご希望の製品についてお見積もりをご依頼ください。即日~3営業日以内に製品構成やキャンペーンなどに応じてお値引きを反映した【御見積兼注文書】をご指定のE-Mailアドレスにお送りさせていただきます。製品構成などに関するご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

2.注文書のご返信

取得いただいた【御見積兼注文書】のご提供条件や価格をご確認いただき、正式にご注文いただく場合はご署名とご捺印のうえPDF形式またはFAX(047-702-9013)でご返信ください。会社や大学の規定の書式にあわせたお見積書を作成させていただくことも可能ですのでお気軽にご相談ください。

3.ユーザー登録

メーカー(IBM)のユーザー登録に必要な【パスポート・アドバンテージ(PA)登録申請書】をご指定のE-Mailアドレスにお送りさせていただきます。お見積り時にいただいた情報は弊社側で記入させていただきますので、内容の確認や不足事項の追記を行っていただき、PDF形式でご返信ください。

4.ソフトウェアの納品

メーカー(IBM)よりE-Mailで納品されます。納品メール【IBM SPSS Express ダウンロードおよびライセンスに関するお知らせ】にソフトウェアのダウンロードURLとライセンスコードが記載されています。DVDをご希望の場合は、無償で1セット発注いただくことができます。SPSSが納品されるとインストールとライセンス認証が可能になります。納品時期は【パスポート・アドバンテージ(PA)登録申請書】の受領後、5~7営業日が目安ですがお急ぎの場合はご相談ください。

5.請求書の発行

お客様への納品後、弊社より【納品書兼請求書】を発行させていただきます。お支払期日は原則として請求書発行翌月末ですが、会社へ大学のご都合にあわせて調整することも可能です。また、請求書発行のタイミングで、ソフトウェアご購入の支援サービス(特典)であるE-Learningコースのアカウント情報およびテキストブックをご提供させていただきます。

6.SPSSの使用開始

SPSSをご使用しデータ分析業務やご研究にお役立てください。初年度はメーカー保守サービスが付属しており、期間内にバージョンアップが行われる場合は、最新バージョンへのアップグレードが無償で提供され、メーカーのテクニカルサポートをご利用いただけます。初めてSPSSを使用される場合は、基本的な使用方法やTIPSなどを学習できるE-Learningコース(無償支援サービス)をお役立てください。

7.保守サービスの更新(選択)

保守更新の時期になりましたら継続保守のご案内をさせていただきますので、保守更新の有無をご検討ください。初年度保守が失効してもソフトウェアは継続してお使いいただけますが、常に最新バージョンで使用でき、かつテクニカルサービスが提供される保守更新をお奨めしています。継続保守は製品価格の約20%の費用が目安です。

PAGE TOP ↑