分析支援サービス
IBM SPSSを利用したデータ分析、情報活用支援

認証されているライセンスの確認方法 / Statistics

公開日:  最終更新日:2020/06/22   Statistics ソフトウェア 
IBM SPSS Statisticsでは、製品のインストール後にライセンス認証ウィザードを使用してお持ちの「認証コード」を入力することによって、SPSSの各機能をお使いいただけるようになります。ご自分のPCでSPSSのどのオプションが認証されているかを確認する方法として、ライセンス証書をご確認いただくほか、「シンタックスによって確認する方法」と「ライセンス認証ウィザードによって確認する方法」の大きく以下の2つの方法があります。

【1】シンタックスによって確認する方法
この方法は、IBM SPSS Statisticsでシンタックスエディタを開き、認証されているライセンスを確認するための「Show LICENCE」コマンドを使用します。この方法は、表形式のスタイルで結果をまとめてくれるため、ExcelやE-Mailにコピーするなどの処理が簡単に行うことができるメリットがあります。

(1) IBM SPSS Statisticsを起動します。
(2) 「ファイル」>「新規作成」>「シンタックス」メニューを選択します。

(3) 表示されるシンタックスエディタに「show LICENSE.」と入力します。
  ※すべて半角で入力する必要がありますが大文字と小文字は区別されません。
  ※最後に半角のピリオドが必要です。

(4) 「実行」>「すべて」メニューを選択します。

以上で、出力ビューアに認証されているライセンス情報が表示されます。

SPSSのテーブルとしてまとめられますので、直接右クリックからコピーを行い、ExcelやWordに張り付けることができます。

【2】ライセンス認証ウィザードを使用する方法
この方法は、マウスのクリック操作のみで確認することができますので、シンタックスに不慣れであったり分かりにくい場合にお奨めします。なお、下記の手順はバージョン27での説明になっていますが他のバージョンでも基本的に同様の方法です。

(1) 「スタート」>「すべてのプログラム」>「IBM SPSS Statistics」>「IBM SPSS Statistics27ライセンス認証ウィザード」メニューを選択します。

(2) ライセンス認証ウィザードが起動します。

表示される画面で現在認証されているライセンスと有効期限を確認することができます。

目的や使い方、用途に応じて、IBM SPSS製品を有効にご活用いただき、課題解決・価値創造にお役立てください。

■ E-Learningコース
SPSSによる統計解析を学習するための ハンズオン形式のE-Learningコース(Textbook付属)
https://www.stats-guild.com/spss-e-learning-textbook

■ SPSS講習会 SPSS Learning Room(E-Learning+講習会+QA)
E-Learningと集合タイプ講義をブレンドしたスタイルの講習会
https://www.stats-guild.com/spss-learning-room

■ IBM SPSS Statistics Base
IBM SPSS Statisticsによるデータ入力、読込み、データ加工、基本統計量の出力、推測統計(仮説検定・信頼区間)、回帰分析、因子分析、クラスター分析、分散分析、グラフ作成、外部ファイルへのエクスポート、拡張機能などを有する基本モジュール
https://www.stats-guild.com/ibm-spss

PAGE TOP ↑