IBM SPSS Statistics 28.0.1
アンケートや医療・社会調査などの統計データを分析する

news20211110

IBM SPSS Statistics 28.0.1 リリース

最新バージョン「28」の機能強化と拡張

2021年11月10日

平素は格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
IBM SPSS Statisticsの最新バージョン「28」が2021年5月26日にリリースされ、SPSSの新規・既存のユーザーの皆様にご案内とご提供をさせていただいて参りましたが、この度マイナーバージョンアップ(リビジョンアップ)版として、IBM SPSS Statistics 28.0.1 が利用可能になりました。

img2801

主な機能として、拡張ハブによるカーネルリッジ回帰が追加されたほか、検定力分析の機能がより使いやすくなりました。また、Windows11に正式に対応しています。主な機能は以下の通りです。

■ 主な新機能
[IBM SPSS Statistics 28.0.1]
リリースノート
https://www.ibm.com/support/pages/node/6509170
・カーネルリッジ回帰(拡張ハブ)
・検定力分析の強化
 - サンプルサイズと検定力の指定方法の変更
 - 差の大きさとして効果量を直接指定可能
・混合モデルの出力に疑似R2乗値を追加
・クロス集計表からヒートマップ表示

https://www.stats-guild.com/spss-statistics-version28

■ 新規購入のお見積り
2021年11月10日以降の新規購入のお見積りは、引き続き最新版「28」(28.0.1) に対応した製品でのご提供になります。

■ 既存ユーザーの皆様
IBM SPSS Statistics 28.0.1 のインストールファイルによって最新バージョン「28」の上書きインストールが可能です。インストールファイルをダウンロードするには、IBM パスポート・アドバンテージ・オンライン(Passport Advantage Online, PAO)のWebサイトにサインインします。利用規約への同意後、[ソフトウェアのダウンロードとメディアアクセス]タブに移動します。ダウンロード手順の詳細は以下をご参照ください。
https://www.ibm.com/support/pages/node/6507707

※注意
上記のダウンロード方法は、IBMソフトウェアの標準のライセンス提供プラットフォームであるパスポート・アドバンテージ(PA)をご利用のお客様に限ります。IBM SPSS Statisticsを他の販売店よりお求めになったお客様は、保守サービスの有無や形態などによって、上記とは異なる方法で提供される場合がございますので、お求めの販売代理店にお問合せください。

■ 保守サービスが失効しているお客様
保守サービスが付属したIBM SPSS製品をご購入済みで保守サービスが失効している場合は、保守サービスの新規購入によって「28.0.1」へのバージョンアップを行っていただくことができます。

製品のバージョンアップや新規購入、関連する支援サービス等について、ご不明な点やご要望等がございましたら、お気軽に担当営業にお問合せください。

今後ともご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

開発元/販売元■ IBM
https://www.ibm.com/jp-ja/

製品紹介■ IBM SPSS 製品
分かりやすいインターフェースの統計解析ソフトウェア
https://www.stats-guild.com/ibm-spss

お問い合わせ先■ 本リリースに関するお問い合わせ
スタッツギルド株式会社 SPSSセールス&マーケティング部
E-mail : info@stats-guild.com
TEL : 047-711-0427(平日 9:00-18:00)

PAGE TOP ↑