IBM SPSS Statistics 27
アンケートや臨床・社会調査などの統計データを分析する

Option-Bootstrapping

IBM SPSS Bootstrapping

復元抽出サンプリングで推定量の標本分布を予測

IBM SPSS Bootstrappingは、元のサンプルから復元抽出をすることで推定量の標本分布を予測します。平均値、中央値、比率、オッズ比、相関係数、回帰係数など、母数パラメーターの標準誤差および信頼区間を推定できます。

  • 分析ダイアログボックスには、[ブートストラップ]ボタンが表示され、チェックボックス1つで簡単にブートストラップの機能が利用できます。

IBM SPSS Bootstrapping 主な機能

標準誤差と信頼区間を推定

平均値、中央値、比率、オッズ比、相関係数、回帰係数など、母数パラメーターの標準誤差と信頼区間を推定できます。

ブートストラップ・サンプルの数を簡単に制御

サンプルの数を増減できます。デフォルトのサンプル数は、1,000に設定されています。

SPSS全体で使用される分析モデルと手法の安定性をテスト

記述、平均、クロス集計、相関、回帰など、IBM SPSS Statistics製品ファミリーの随所で使用される分析モデルと手法の安定性を検証できます。

データの全容をより正確に把握

SPSS Bootstrappingは、復元抽出により、データ・セットの代替バージョンを多数作成して、母集団内に存在する可能性が高い内容をより正確に把握します。

SPSS Bootstrapping を含む推奨構成

IBM SPSS Statistics 27 からBootstrappingの機能がBaseに含まれました。以下の推奨構成のどのパッケージでも、SPSSの基本機能としてBootstrappingを利用できます。

SPSS

SPSS ご購入の流れ

見積フォームよりお見積書をお申込みください。E-Mailにてお見積書をご案内します。必要事項を記入のうえご返送いただくとご発注となり、納品のお手続きに進みます。

SPSS購入の流れ

見積フォーム
PAGE TOP ↑