SPSSバージョン比較

IBM SPSS Statisticsのバージョンアップと新機能比較

spss バージョンアップ

SPSSは、1968年に開発されてから50余年、新しい分析手法やより使いやすいユーザーインターフェース、その他の様々な新機能や便利機能に対応するバージョンアップを重ねることで、進化を遂げてきました。最近では、効果量(effect size, ES)、検定力分析(Power Analysis)、メタアナリシス(Meta Analysis)など重要な分析手法に次々と対応し、APA形式に準拠し、出力や図表もより見やすく、編集しやすい機能強化がなされています。

SPSSバージョンアップの変遷

IBM SPSS Statisticsの直近 3バージョン(v27・v28・v29)のメジャーバージョンアップは、およそ1年に1回の頻度で行われており、重要な分析手法が新機能として追加されています。また、v28.0.1のようにマイナーバージョンアップ(リビジョンアップ)による機能拡張や不具合修正が行われる場合もあります。

spss upgrade

27 27.0.1 28 28.0.1 29
リリース時期 2020年6月16日 2020年11月3日 2021年5月25日 2021年11月9日 2022年9月13日
主な新機能 効果量
検定力分析
母比率の検定 メタアナリシス
関係マップ
カーネルリッジ回帰
(拡張ハブ)
加速故障時間モデル
正則化回帰モデル
主な機能強化 図表テンプレート
出力ビューア
分位点回帰
信頼性分析
相関係数の信頼区間
ピボットテーブル編集
グラフ編集
検定力分析
Workdrive形式
単純主効果の検定
ピボットテーブル編集
グラフ編集
検定力分析
混合モデルの疑似R2乗
混合モデルの疑似R2乗
Workdrive形式
グラフ
リリースノート IBM Support IBM Support IBM Support IBM Support IBM Support
その他 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細
  • v27より、BootstrappingとDataPreparationの2オプションがBaseに統合されました。
  • v27より、ユーザーインターフェースにライトテーマが採用されました。
  • v28より、ダミー変数の参照カテゴリのデフォルトが「最後」から「最初」に変更されました。
  • v28より、単純主効果の検定がメニュー化されシンタックス編集が不要になりました。

SPSS 製品のバージョンアップ方法

IBM SPSS 製品のバージョンアップ方法は、教育期間向け、一般向けを問わず、ソフトウェア・ライセンス購入時の形態によって「保守あり」の場合と「保守なし」の場合の大きく2つに分かれます。「保守あり」の場合、購入後1年以内のバージョンアップは0円で利用可能です。「保守なし」の場合、追加費用が必要になります。

PAGE TOP ↑