分析支援サービス
IBM SPSSを利用したデータ分析、情報活用支援

プライバシーマーク

クラスター分析 (cluster analysis)

公開日:  最終更新日:2015/09/16   Analytics method 

スケール変数に基づいて類似するレコードをセグメントに分類する多変量解析手法。行動履歴や購買履歴などのデータに基づいて顧客セグメントを作成するマーケティング分野で特によく利用される。また、クラスタリングの結果に対して個別に分析をかけて予測モデルを構築するなど、比較的分析の初期の段階で利用されることが多い。
具体的な手法としては、K-MeansやKohonenなどがあり、後者はニューラルネットワークの一種でマシンラーニングの手法である。探索的にクラスタ構築をする場合のほか、すでに構築したクラスタに新規レコードを分類するアプローチも取られる。
K-MeansやKohonenはいかにレコードを分類するかの方法論であり、分類したクラスタが意味を持つかどうかは、分析に利用した変数やその他の属性と組み合わせて評価することも重要である。


■ 関連する分析手法
因子分析

■ 関連するTIPS
IBM SPSS Statisticsによる生存曲線プロットの軸余白の編集方法

■ IBM SPSS製品
IBM SPSS Statistics (Advanced Statistics オプション)

■ 支援サービス
IBM SPSS Statistics 医療従事者のための分析3 (操作研修コース)

PAGE TOP ↑