IBM SPSS Amos 25
さまざまな変数の影響を調べ、因果関係を分析する

プライバシーマーク

製品情報 - IBM SPSS Amos

製品情報 – IBM SPSS Amos

データ間の影響や関係性をグラフィカルなパス図で分析

Product Information

IBM SPSS Amosは、顧客満足の要因の特定や影響度の分析、購買行動における認知や態度、意図などの測定とモデル化、薬や治療・医師の対応などによる患者への影響など、さまざまな変数の影響を調べ、因果関係を明らかにしたい場合に適用される共分散構造分析(構造方程式モデリング)を実行することができるソフトウェアです。複雑なプログラムを必要とせず、マウスの簡単な操作によってモデル構築とモデル適合を評価することができます。

IBM SPSS Amos スクリーンショット
  • IBM SPSS Amosを利用するとツールバーのボタンをクリックする簡単な操作方法で、観測変数、潜在変数、誤差変数の作成、パスの設定、適合度指標の表示などを実現でき、分析者が持つ変数間の構造をグラフィカルにパス図に表現することができます。
IBM SPSS Amos 主な機能

 
グラフィカル・ユーザー・インターフェイス / クリック操作で観測変数や潜在変数作成 / クリック操作でパスを定義 / 確認的因子分析 / 多重指標モデル / 多母集団の同時分析 / 平均構造モデル / 成長曲線モデル / 潜在クラス分析 / 24個以上のモデル適合度指標の出力 / パス図上に適合度を表示 / 探索的因子分析 / ベイズ推定 / ブートストラップ / 欠損値補完 / テキスト出力 / さまざまな描画ツール / その他 /

IBM SPSS Amos 製品一覧
Amos

潜在変数を含めた多数の変数間の因果関係を分析する共分散構造分析ソフトウェア。

PAGE TOP ↑