分析支援サービス
IBM SPSSを利用したデータ分析、情報活用支援

プライバシーマーク

生存曲線プロットの軸余白の編集方法 / Statistics

公開日:  最終更新日:2015/10/16   SPSS TIPS Statistics 

IBM SPSS StatisticsのAdvanced Statisticsライセンスでは、生存分析の手法として、生命表、Kaplan-Meier、Cox回帰、時間依存のCox回帰を使用することができます。

t3_1

Kaplan-MeierやCox回帰では、生存関数をプロットしますが、デフォルトでは以下のようなグラフとして軸の余白がとられるためプロットされるラインと軸の線が離れてしまいます。また、その他スケールの間隔や背景や枠線の設定などもデフォルトで決定されますので、必要に応じて編集を行う必要があります。

t3_2

SPSSで作成されるグラフは、グラフ・エディター(図表エディター)を利用することで編集することができます。グラフ・エディターは、対象のグラフをダブルクリックすることで起動されます。

t3_3

また、グラフ・エディターの任意の場所をダブルクリックすると、プロパティが表示されます。プロパティは、グラフ・エディターでクリックした対象(例えば、軸や背景など)に関する編集機能を提供します。

t3_4

グラフ・エディターとプロパティを起動して、スケール軸の余白を取り除く手順は以下の通りです。

(1) 対象となるグラフをダブルクリックして、グラフ・エディターを起動します。
(2) グラフ・エディターの軸の任意の数値をダブルクリックします。
(3) 表示されるプロパティの「スケール」タブを開きます。
(4) 「下部の余白」と「上部の余白」の設定がデフォルトで「5」%になっていますので、それぞれを「0」に変更します。
(5) 適用ボタンをクリックして、グラフ・エディターに反映させます。
※適用ボタンを使用しないと編集内容がグラフに反映されません。

t3_5

t3_7

(6) 編集が完了したらグラフ・エディターを閉じます。

その他、グラフ・エディターとプロパティの機能を組合わせて編集することで、スケールの表記方法や間隔の調整、フォントサイズやフォントの種類の変更、背景の色の変更やテキストボックスの挿入などを行うことが可能です。

t3_8

※IBM SPSS StatisticsでKaplan-Meierによる分析を実行するには、Advanced Statisticsのオプションライセンスが必要です。

目的や使い方、用途に応じて、IBM SPSS Statisticsを有効にご活用ください。

PAGE TOP ↑