分析支援サービス
IBM SPSSを利用したデータ分析、情報活用支援

プライバシーマーク

分散共分散行列に基づく推定値の計算 / Amos

公開日:    Amos SPSS TIPS 

IBM SPSS Amosでは、分析に使用するデータソースとして、IBM SPSS Statistics(*.sav)やMicrosoft Excel(*.xls;*.xlsx)、Text(*.txt;*.csv)、RData(*.rdata)などの一般的な形式に対応しています。これらのデータファイルは、列に観測変数名、行にケースを入力する生データの形式を基本とします。例えば、100人分の分析データがある場合は100行入力されたデータファイルを用います。列に変数、行にケースを入力しておく形式は、多くのデータ分析ソフトウェアに共通したデータの持ち方です。

tips6590-4


Amosでは、その手法が共分散構造分析と呼ばれるところからも想像できるように、観測変数の分散や共分散の情報に基づいて分析を行うことができます。そこで、分析用のデータファイルには列に観測変数名、行にケースを入力した生データ自身を持つ必要がなく、データ数(Amosでは標本数と表示されます)や分散共分散行列または相関行列などの最低限のデータさえあれば推定値や適合度の計算を行うことができます(平均構造モデルなど平均値を使用する場合は平均値も必要)。

分散共分散行列または相関行列をSPSSにそのまま入力することはできないため、「rowtype_」と「varname_」の2つの特殊な変数名を使用して値を入力します。「rowtype_」に指定できるのはは、標本数(n)、共分散(cov)、標準偏差(stddev)、平均(mean)のいずれかになります。

■ 分散共分散行列の形式で入力する場合は以下のようなフォーマットを利用します。

tips6590-5

※ 1列目のヘッダには特殊変数名として「rowtype_」と入力します。
※ 2列目のヘッダには特殊変数名として「varname_」と入力します。
※ 「rowtype_」と「varname_」の末尾にはアンダーバー( _ )が必要です。
※ 3列目以降のヘッダには観測変数名を入力します。
※ 行列は、対角に分散、非対角(下三角)に共分散を入力します。
※ 相関行列を用いる場合は「cov」(共分散)ではなく「corr」(相関係数)を指定します。

■ 相関行列の形式で入力する場合は以下のようなフォーマットを利用します。

tips6590-7

※ 1列目のヘッダには特殊変数名として「rowtype_」と入力します。
※ 2列目のヘッダには特殊変数名として「varname_」と入力します。
※ 「rowtype_」と「varname_」の末尾にはアンダーバー( _ )が必要です。
※ 3列目以降のヘッダには観測変数名を入力します。
※ 行列は、対角と非対角(下三角)に相関係数を入力します。
※ 分散共分散行列を用いる場合は「corr」(相関)ではなく「cov」(共分散)を指定します。
※ 相関行列を入力する形式の場合は、「stddev」(標準偏差)の入力も必要です。

上記の例では、IBM SPSS Statisticsを使用していますが、Microsoft ExcelやCSVなどでも対応可能です。(AmosはIBM SPSS Statisticsとは独立したソフトウェアですので、Statisticsがインストールされていない環境でもお使いいただけます)

Amosでデータファイルをセットするためには、ツールバーの「データファイルを選択」ボタンをクリックするか、「ファイル」メニューから「データファイル」を選択して、「ファイル名」ボタンをクリックします。

■ Amosで分析用のデータファイルを選択する方法

(1)「ファイル」メニューから「データファイル」を選択します。
(または、ツールバーの「データファイルの選択」ボタンをクリックします)

(2)「ファイル名」ボタンをクリックします。

(3) 分析に使用するデータファイルを選択します。
(生データ形式、分散共分散行列または相関行列の形式どちらにも対応します)

(4)「OK」ボタンをクリックして「データファイル」ダイアログボックスを閉じます。

tips6590-6


以上によって、通常の生データを扱う場合と同じように、分散共分散行列や相関行列などの値を入力したファイルを使用して分析を行うことができます。パス図の作成方法や、適合度の計算、テキストマクロによる適合度指標の表示などは、生データを用いて作業を行う場合と同じ要領です。

tips6590-8


このようにAmosでは、生データが手元になくても分散共分散や相関の情報さえあれば推定値を計算したり、モデルの適合度を求めることができます。第三者が行った分析や過去の研究を再分析する場合など、何らかの事情で生データが手に入らないときは、観測変数の分散共分散行列や相関、標準偏差、標本数(ケース数)の情報があれば分析を行うことができるため、Amos活用上のテクニックの1つとしてぜひ押さえておきたいTIPSの1つです。

目的や使い方、用途に応じて、IBM SPSS Amosを有効にご活用ください。

(この記事のスクリーンショットは、IBM SPSS Statistics Base 25、IBM SPSS Amos 25 を使用しています)

■ IBM SPSS Statistics Base
IBM SPSS Statisticsは、世界中でさまざまな分野利用されている40年の歴史を持つ統計解析ソフトウェアです。プログラムやコマンド入力を必要とせず、GUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェイス)による簡単な操作で、高度な分析を実行することができます。グラフ出力や分析結果の編集も簡単です。はじめての方でも習得までの時間が比較的短く済み、難解な統計解析ツールのなかでも導入しやすいソフトウェアです。
http://www.stats-guild.com/ibm-spss

■ IBM SPSS Amos
IBM SPSS Amosは、顧客満足の要因の特定や影響度の分析、購買行動における認知や態度、意図などの測定とモデル化、薬や治療・医師の対応などによる患者への影響など、さまざまな変数の影響を調べ、因果関係を明らかにしたい場合に適用される共分散構造分析(構造方程式モデリング)を実行することができるソフトウェアです。複雑なプログラムを必要とせず、マウスの簡単な操作によってモデル構築とモデル適合を評価することができます。
http://www.stats-guild.com/ibm-spss/amos

PAGE TOP ↑