分析支援サービス
IBM SPSSを利用したデータ分析、情報活用支援

プライバシーマーク

AuthorizedとConcurrentのライセンスの違いを教えてください

公開日:  最終更新日:2017/05/26    

Authorizedライセンスは、1人1台のPCにインストールしてご利用いただく一般的なライセンス形態です。例えば、3名様が利用される場合、3本のライセンスが必要になります。個人使用を想定される場合は、Authorizedライセンスをお奨めします。

Concurrentライセンスは、同時接続ユーザーの考え方に基づくライセンス形態で、使用状況がライセンスサーバーによって管理されます。例えば、10名様が利用される場合でも「同時に」使用するのが1名様であれば、1本のライセンスのみでご利用いただけます。多くのユーザーが使用する可能性があるものの、同時に使用するユーザー数が少ない場合にお奨めします。

より詳細な情報は以下をご確認ください。

SPSS製品のライセンス形態『Authorized』 と 『Concurrent』
http://www.stats-guild.com/ibm-spss/licensepattern

PAGE TOP ↑